延年半夏湯のことなら家庭の中医学。延年半夏湯の処方解説は家庭の中医学が参考になります。  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
  延年半夏湯 エンネンハンゲトウ
延年半夏湯:
 延年半夏湯:
 
延年半夏湯の主治は、胃痛剧烈、波及左胸、肩胛者です。つまり、激しい胃の痛み、左胸に影響を与え、肩こりがある人に用います。昔から慢性膵炎の人に使用されてきました。


日本漢方の効能・・・体力中等度で、みぞおちに抵抗感があって、肩がこり、足が冷えるものの次の諸症:
慢性胃炎、胃痛、食欲不振

  延年半夏湯: 処方構成
延年半夏湯:半夏・柴胡各3.0;土別甲・桔梗・呉茱萸・枳実・梹榔・人参各2.0;乾生姜1.0

  延年半夏湯: 中医学解説

【効能】 理気化痰 疏肝解欝 補気健脾 止痛
【適応症】 慢性の胃腸障害・立位時の心窩部圧痛・左肩のこり・左背のこりと圧痛、足冷え・左腹直筋の緊張に用います。
【類方比較】 柴胡桂枝湯:イライラして疲れやすい方の胃痛、腹痛や、ストレスが多く肩がこりやすく食欲不振に使用。。
【解説】

枳実・柴胡・檳榔子・土別甲はいずれも痰を除き、気を巡らし、痞閟を治します。半夏は胃内の停痰を除き、桔梗は、胸中の袪痰をします。呉茱萸は寒を除き、疝痛を改善します。構成生薬のほとんどが、理気化痰です。胃内・胸膈に停滞sた水毒、ガスなどによって、凝結・緊張・疼痛をおこしたものを消散させると考えられています

【治療の現場から】

痃癖の処方です.。痃癖とは、臍のあたりの腹部や季肋部に痞塊を生じ消痩。少食・疲労感などの全身症状も伴う病症。右は柴胡桂枝湯・左は延年半夏湯と言われています。

【臨床応用】 胃・十二指腸潰瘍 慢性胃炎 逆流性食道炎 胃酸過多症 慢性膵炎 拒食症 過食症 肩こり 肋間神経痛 神経症

平胃散の通販なら漢方の老舗ナガエ薬局をおすすめします
Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.