更年期 治療 漢方薬のことなら家庭の中医学  
漢方薬一覧中医漢方処方解説
中医生薬解説
コンビニ漢方
症状から見た
中医用語解説
無料漢方相談
免責
リンク
著作権
 
当サイトのコンテンツを複製した運営サイトおよびブログが多々ございます。
当サイトのコンテンツは、当サイトが保有しており、著作権法で保護されております。
当サイトの許可なく複製したり、内容を変更しての2次利用などはしないでください。
 更年期 治療 漢方薬

更年期 治療

   
1 更年期障害
症状 漢方処方
寒い熱いの繰り返し 頭痛・便秘・症状が多い 加味逍遥散
むくみ・軟便・便秘 逍遥散
冷えのぼせがつよい   桂枝茯苓丸
手足がほてる・顔面紅潮 いらいら 杞菊地黄丸・知柏地黄丸
手足がほてる・胸脇がくるしい・生理がはやくる 出血が少ない・こめかみの頭痛・足腰がだるい 六味丸と加味逍遥散
ワンポイントアドバイス
更年期に一番多いのが、六味丸と加味逍遥散の併用タイプです。寒熱往来と冷えのぼせは違います。下半身は冷え・上半身はほてるのが、冷えのぼせです。寒熱往来をする人は、舌の色で判断してください。



Copyright (C) 2001 sm-sun.com All Rights Reserved.